Switch to English
RadiAnt Mascot
スマート。簡単。迅速。
RadiAntは独自な体験をお届けするために
設計された医用画像用のPACS DICOMビューアーです。
直感的なインターフェースと比類のないパフォーマンス
もう探し回る必要はありません
"I am a practising cardiologist, the last few years I have tested many light weight dicom viewer and minipacs. Different specialties often have different requirement and preference. What could say is that for practising cardiologist RadiAnt is the BEST. Loading angiography cine images and echocardiography are a breeze without any delay and hiccups. Multiple cines from different modalities of different patient can be displayed simultaneosly. Invaluable for explaining patient of their angiographic findings etc."
Onn Akbar Ali
RadiAnt Facebook page
Graduation hat
Did you know? RadiAnt DICOM Viewer has been named researchers' tool of choice in more than 850 scientific papers.
Learn how to cite RadiAnt in academic publications.
RadiAnt DICOM Viewer 2020.0 BETA
December 2, 2019
RadiAnt DICOM Viewer 2020.0 BETA
Our latest beta version is mostly about the ARM64 native version for the newest generation of Windows 10 on ARM devices (e.g., Microsoft Surface Pro X, Samsung Galaxy Book S).

Check this thread for more details.
New prices take effect January 1, 2020
December 1, 2019
Now is the perfect time to purchase: The price of RadiAnt DICOM Viewer will be going up for new licenses and maintenance renewals on January 1, 2020.
RadiAnt DICOM Viewer 5.5.0
November 19, 2019
RadiAnt DICOM Viewer 5.5.0
Our latest version has significant improvements in the 3D volume rendering feature.

Progressive rendering is now available for GPU accelerated mode, which makes interactions on slower Nvidia GPUs more fluid. 3D snapshots let you save the states of the VR view (rotation / position / zoom / window / scalpel / etc.) and quickly restore these states. You can now create high quality (up to 4K, 60fps) movies based on the 3D snapshots. There is also a quick movie tool for creating videos with a simple 360/180 degree rotation. Scalpel operations can be reverted and reapplied if necessary - there is an unlimited undo history for the VR's scalpel tool. Last but not least, the 2D viewer has now image filters (sharpen, smooth, edge, emboss). Plus a usual collection of minor improvents an bug fixes.

Check the full changelog and download here.
How to create a DICOM CD with RadiAnt DICOM Viewer CD/DVD
October 29, 2019
How to create a DICOM CD with RadiAnt DICOM Viewer CD/DVD
In our latest video tutorial we show how to create a DICOM CD disc with our RadiAnt serving as the autorun viewer. A PC with Windows 10 system and the DVD-RW drive installed was used in the presentation.

You can also use professional CD/DVD disc publishers (e.g., Epson, Primera, Rimage) but you still might want to check the tutorial to make sure that the file and folder structure of your recorded disc is correct.

https://www.youtube.com/watch?v=iJAV-rkfjkU
RadiAnt DICOM Viewer 5.0.1
June 30, 2019
RadiAnt DICOM Viewer 5.0.1
The long-awaited Local Database feature is now available in RadiAnt. It allows you to import DICOM studies from CD/DVD discs, USB flash drives, local and network folders or PACS servers, and store them on your local hard drive so that they can be easily accessed at a later date. You can also access the database to organize and quickly find studies in your collection of DICOM files.

We also added a new feature to the VR module. 3D models created in RadiAnt can be exported to STL files, which can be opened in alternative 3D modeling software and used for 3D printing.

Check the full changelog and download here.
RadiAnt DICOM Viewer CD/DVD Viewer

患者用CD/DVD DICOMビューアー

患者さんの画像CDを開くのに時間がかかってイライラしたことはありますか?
既存のビューアーは画像を閲覧する前に他のコンポーネントをインストールしなければなりませんか?

RadiAnt DICOMビューアーCD/DVD自動実行プログラムをお試しください!Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP環境にインストールすることなく、CD/DVDメディアから高速に実行されます。その他ソフトウェアやプログラミング(例、NET、Java)は必要ありません。

オペレーティングシステムが対応可能な場合、効率的な64ビット版をご使用ください。旧型なコンピュータには32ビット版をご使用いただけます。約6MBのオーバヘッドデータがメディアに追加されます。

アプリケーションを開いた後、表示されるロゴとイメージはカスタマイズ可能です。自社情報をお客様向けに表示することができます。

Basic tools for manipulation of images

必要なツールがすぐそこに

RadiAnt DICOMビューアーは画像の操作と測定に以下の基本ツールを提供いたします:

  • 滑らかなズームとパン
  • 明るさとコントラスト調整、ネガティブモード
  • コンピュータ断層撮影用のプリセットウィンドウ設定(胸部、骨など)
  • 画像回転(90、180度)または反転(水平と垂直)機能
  • セグメントの長さ
  • 円形/楕円径とその面積の平均、最低、最高パラメーター値(例、コンピュータ断層撮影のハウンスフィールド単位の密度)
  • 角度値(正常とCobb角度)
  • フリーハンド描画用のペンツール

Lightning fast performance

電光石火の速さ

RadiAnt DICOMビューアーは資源をできるだけ効率的に使用するよう設計されています。大容量のギガバイトRAM搭載マルチプロセッサ・マルチコアシステムから512MBRAMのシングルコアコンピュータまで、いかなる機器でも操作可能です。

必要な場合、64ビット版は、4GB以上のメモリを持つ最近のシステムで全ての画像を開いたままにすることができます。非同期式の読み込みは開いたままで画像を閲覧、処理することを可能にします。

これらすべてがたったの2MBインストール容量のコンパクトアプリケーションでご利用いただけます。

PACS client feature for searching and retrieving studies

PACS拠点からスタディを検索・ダウンロード

RadiAnt DICOMビューアーのPACS(画像伝送システム)クライアント機能は、その他のPACSホストにクエリを行い、情報を取り出します。

対応サービスクラスユーザー/供給会社は以下を含みます:C-ECHO SCU、 C-ECHO SCP、 C-FIND SCU、 C-MOVE-SCU、 C-STORE-SCP(RadiAnt DICOMビューアーが始めた送信のみ許可されます。検索前に他のPACSノードからスタディを送信し、RadiAntでダウンロードしようとすると無視されます)。

受信されたDICOMファイルは一時フォルダに保管され、RadiAntを終了すると削除されます。

Multiple formats of DICOM files supported

複数のDICOMファイルタイプサポート

本ソフトウェアは他のイメージング様式から得られたスタディを開いて表示します:

  • デジタルX線撮影(CR, DX)
  • マンモグラフィー(MG)
  • コンピュータ断層撮影(CT)
  • 磁気共鳴撮影 (MR)
  • 陽電子放射断層撮影PET-CT (PT)
  • 超音波検査(US)
  • デジタル・アンギオグラフィ(XA)
  • ガンマ線カメラ、核医学(NM)
  • 2次画像とスキャン画像(SC)
  • Structured Reports (SR)

多数のDICOM画像タイプがサポートされています:
  • モノクロ(例、CR、CT、 MR) とカラー(例、US、 3次元再構造)
  • 静止画像(例、CR、MG、CT)とダイナミックシーケンス(例XA、US)
  • 非圧縮と圧縮(RLE、JPEG Lossy、JPEG Lossless、JPEG 2000)

Browse and compare multiple series of images

連続または複数スタディを比較

1スタディの連続シリーズまたは複数スタディを同じウィンドウまたは他のウィンドウで同時に開いて比較できます。

同平面で取得された画像シリーズ(例、造影剤投与前後のコンピュータ断層撮影シリーズ)はデフォルトにより自動同期されます。

異なる画像平面でシリーズ(例、磁気共鳴スタディ)を閲覧する場合、解剖構造をよりよく相関するために、相互参照ラインが表示されます。

Export DICOM files to BMP, JPEG, WMV

DICOMファイルを画像や動画にエクスポート

驚愕的なビジュアルプレゼンテーションと論文を作成-RadiAnt DICOMビューアーはDICOMファイルをJPEG(圧縮)またはBMP(非圧縮ビットマップ)画像およびWMV(Windows Media Video)動画にエクスポートします。

1枚の画像、全てのシリーズ、または全ての開いた画像を同時にエクスポートできます。

表示された画像はCTRL+Cショートカットを使用してWindowsクリップボードにコピーし、すばやく簡単にWordまたはPowerPoint文書に貼り付けられます。

2D and 3D Multi-planar reconstructions (MPR)

多断面再構成像

断面で画像(基本画像平面により冠状断面、矢状断面、体軸断面、オブリーク断面があります)を再構成する時にRadiAnt DICOM ビューアーのMPRツールを使用できます。このツールにより画像だけでは視覚化できなかった解剖構造に新しい視点が作られます。

再構成プロセスはとても高速です:冠状シリーズは2000枚以上の体軸断面CTシリーズから約3秒で作成されます(Intel Core i7システム使用の場合)。

3D Volume Rendering (VR)

3D volume rendering

The 3D VR (volume rendering) tool lets you visualize large volumes of data generated by modern CT/MR scanners in three dimensional space. The different aspects of the data set can be interactively explored in the 3D VR window.

This tool lets you rotate the volume, change zoom level and position, adjust color and opacity, measure length and show hidden structures by cutting off the unwanted parts of the volume with the scalpel tool. The image is rendered progressively to maintain fluid operations even on slower machines.

PET-CT image fusion

PET-CT画像融合

増加したFDG(フッ化デオキシグルコース)吸収値の解剖学的参照を得るために、カラーマップ化されたPETイメージをCTスキャンの上に重ねます。

特定エリアの楕円ツールを使用してSUVbw(体重で算出される標準吸収値)の最高、最低、平均値を測定します。

画像融合はその他の磁気共鳴等のイメージングモードに適用できます。例、DWI画像はT1またはT2加重スキャンと融合できます。

Time-intensity curves (TIC)

時間強度曲線

RadiAnt DICOMビューアーは病変の増加状態(例、乳腺MRI)を時間強度曲線(Time-intensity curves/TIC)でプロットし、視覚化します。

色々な曲線が取得できます:Ia – 直線(全ダイナミック測定中で信号強度が増加し続ける)/ Ib – 曲線(ポストコントラスト測定後半で時間‐信号強度が平坦になる)、II – プラトー(ポストコントラスト測定中盤と後半で信号強度が停滞する、III – ウォッシュアウト(ポストコントラスト測定の中盤で信号強度が低下(washes out)する)。

Support for multitouch features on Windows 10

マルチタッチサポート

マウスやキーボードの代わりにWindows 8 または Windows 10のタッチ有効デバイスでジェスチャを使用できます(1本または2本以上の指の動き)。多数のマルチタッチ・ジェスチャをRadiAnt DICOMビューアーでご使用いただけます。

  • 画像を1本の指でタッチして動かし、表示された画像を閲覧できます。
  • ズーンインまたはアウトには、画像の2ポイントをタッチし、指で拡大、縮小します。画像を2本の指でドラッグして動かし、ズームで見えない部分を表示します。
  • 画像を3本の指でタッチして、上下(明るさ)、左右(コントラスト)に動かし、ウィンドウ設定(明るさ/コントラスト)を変更できます。

Multilingual interface - community translations

多言語インターフェース

当社コミュニティのご協力によりRadiAnt DICOMビューアーインターフェースは25か国以上の言語に翻訳されました:

  • アラブ語、ブラジル・ポルトガル語、ブルガリア語、中国語、クロアチア語、チェコ語、デンマーク語、オランダ/フラマン語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、ハンガリー語、インドネシア語、イタリア語、日本語、韓国語、ノールウェー語、イラン語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語、セルビア語、スロバキア語、スペイン語、スウェーデン語、トルコ語、ウクライナ語。

当社のオンラインツールは現在の翻訳を簡単に編集し、新しい翻訳を作成します。